MENU

つわりの症状は、吐き気、嘔吐、貧血や立ちくらみがひどかったです

(30代 女性 ぽんちゃん)

 

2回の妊娠出産を経験しましたが、2回共につわりの症状がとてもきつくて、つわりは妊娠初期から臨月近くまで続きました。

 

初期の症状は、分かりやすいもので、吐き気、おう吐、貧血や立ちくらみがひどく、外出する事が困難になり、仕事を辞めて、ほとんどを家のベッドで過ごしました。

 

特に覚えているのが、お米とコーヒーのにおいがダメになり、口にできるものというとプチトマトとグレープフルーツ味のシャーベットだけの時もあり、栄養を取らないといけないのに、どんどん痩せていく自分に焦りを感じていました。

 

産婦人科の先生に相談してサプリや点滴なども使い「食べられなくても大丈夫」とアドバイスも頂きながら、私が編み出したつわりの症状がきつい時に、一番ラクになつ方法が、枕元にプチトマトを置いて、ひたすら横になる事でした。

 

そして、お腹が出てきた中期になると、少しづつ口にできる物が増えてはきました。

 

しかし、出産が終わるまでは大好きなお米とコーヒーはダメで、普段あまり食べないプチトマトがお気に入りでした。

 

周りの人の経験談やネットなどの情報も沢山見ましたが、こんなにも個人差があるものなんだと、振り返ってみても不思議です。

 

今は子育てをしながらお米もコーヒーの楽しんでいます。

 

つわりの最中は体質、嗜好も変わる事が身をもって体験できました。